2010年02月17日

成功のカギとは?

みなさんは。「ナイチンゲール」という方をご存知ですよね。

「クリミヤの天使」「白衣の天使」「ランプの貴婦人」子供のころ
本で読んだ、すごい看護婦さん・・・
天使とは、美しい花をまき散らすものではなく、苦悩する者のために
戦うものである」であまりにも有名ですが、これはナイチンゲールがあ
なたは天使のような人だと言われたときに、言い返した言葉だそうで
す。

前置きが長くなりましたが、本日の「ナイチンゲール」は、
「アール・ナイチンゲール」という男の人のお話しです。
ちなみに、先ほどの「ナイチンゲール」は、「フローレンス・ナイチン
ゲール」です。

ところで、「アール・ナイチンゲール」は「The strangest secret」
日本語に直すと「最も不思議な秘密」で「成功のカギ」を解き明かして
います。



どの人もこれを知りたいですよね。これは、また「失敗のカギ」でも
あるのです。ここが非常に恐ろしいとですが・・・爆弾
これを知るとあなたは、驚愕しますよ。むかっ(怒り)
では、準備してください。じつは・・・・・

私たちは、自分で考えてるような人間になる

なるほどと思う人もいるし、そう思わない人もいますね・・・
ちなみに、聖書には、
「人は、こころのなかで考えているような存在になる」
「信じる者には、どんなことでも出来る」
ウェルギリウス(詩人)
「できると思えば、できる」
最後に、自動車王ヘンリー・フォードの有名な言葉を紹介しましょう。
「自分にできると思おうが、できないと思おうが、どちらも正しい」
成功するためにはひらめき思考ひらめきが重要というお話でした。

明日から、いいことをイメージしよー(長音記号2)わーい(嬉しい顔)




ラベル:意識 Secret
posted by ハワイ大好き at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

間のとり方?

P1000431.jpg



「間延びする」「間をおく」「間がいい」「間が悪い」「間を図る」

我々日本人は、この「間」についてすでに知っているので、とりたてて

再認識することはあまりないですよね。

ところが、外国人の方に、この「間」について説明するのは非常

ー(長音記号1)に難しいのです。

実は、ある会で日本に留学している外国人の接待を年2回ほどしてい

るのですが、この「間について」結構質問されます。もちろん英語で説

明するので、さらに厄介になってしまいます。がく〜(落胆した顔)

うまくできないので、timingやspaceあるいはpaceなどでごまかしてい

ます。誰か知っている人がいたら教えてほしいですね。

前置きはこのぐらいにして、なんで「間」のお話を朝礼でしたかという

と「患者さん」「先生」と「衛生士」とのコミュニケーションをとると

きにこの「間」が非常に大事になるからです「間」を間違えるとんでも

ないことが起こってしまいます。例えば、信号が青に変わって、右・左

を確認しないですぐに横断歩道を渡ったら・・・

ちょっと「一呼吸して再確認」ひらめきしたら、事故が防げますね。

我々は「間」の取り方の達人になる必要がありますね・・

というお話でした。耳耳




ラベル:意識 RM
posted by ハワイ大好き at 21:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 朝礼での話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイマセン「写真が・・・」

写真を消去してしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

修復しますので、しばらくごめんなさいです。わーい(嬉しい顔)
posted by ハワイ大好き at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。