2010年03月16日

免疫は、細胞たちが織りなす戦いのドラマ

免疫システムの細胞たちさんは、骨髄で作られる白血球です。
白血球は、「顆粒球」「リンパ球」「単球」もおもに3種類から構成されているのです。こんな感じです。
WS000079.JPG

「顆粒球」は「白血球」のなかで一番多く、好中球はここに属しています。体内に侵入した細菌などの微生物に対して真っ先に駆けつけて戦う先発隊です。
「リンパ球」は少数派ですが、免疫司令官であるヘルパーT細胞、攻撃部隊のキラーT細胞、B細胞、NK細胞などがいてウイルスなどを殺す専門集団です。必殺仕事人でしょうか?免疫の重要部門を司っています。単球のマクロファージは微生物だけでなく、ホコリや花粉など体内に侵入してくる異物をすべて飲み込む大食漢です。司令官に抗原の侵入を伝える大事なメッセンジャーの役もしています。(最近、癌細胞とマクロファージの関係について重大なことが発表されました。このことはまたお知らせしますね。)以前花粉症で触れましたが図の青線の部分をちょっと弄る作戦(カッコよく言うとストラテジー)を立てたのです。免疫システムへの挑戦かな?

涙、鼻水、下痢も免疫システムの一部
posted by ハワイ大好き at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝礼での話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。