2010年03月28日

「意識」「心」「記憶」の連動

本屋さんに行くことが大好きな管理人ですが・・・わーい(嬉しい顔)
実は、管理人は、以前、大学で脳から出る電気信号の末梢での特に咀嚼筋の電気信号を調べていました。このときに脳に関していろいろな本を読みました。現在も謎を解明するために読み漁っていますがわーい(嬉しい顔)
私たちは、「意識」「無意識」「運動」等すべてに関して「脳」が命令を下していることは知っていますよね。だったら「脳」の秘密が解れば・・ひらめき
と思いますよね。すでに当ブログでご紹介したお薦めの本は脳の性質を利用したものなのです。一連の流れの中でたまたま「勝負脳の鍛え方」という本を読みました。
この本を読んで、私たちが死ぬときは、脳の温度が40度〜44度まで上昇することを知りました。脳内熱貯留現象というそうです。そういえば歯科においても、神経あるいは骨が発熱に弱く42度ぐらいから壊死がはじまりますね・・わーい(嬉しい顔)現在では、アメリカでは、心停止患者さんの蘇生治療のためのガイドラインにも取り入れられているようです。日本ではまだなんですかね。exclamation&question前置きはこのぐらいにして本題の「意識」「心」「記憶」は連動している。について御説明します。





続きを読む
posted by ハワイ大好き at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人お勧め書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。