2010年04月10日

天才になるコツ

「緊張した時の対処法」で触れましたが、モーツァルトの「二台のピアノのためのソナタ ニ長調 k448」を10分聞くだけで、知能指数はいとも簡単に上がるという興味深い報告があります。簡単に言うと頭が良くなるということです。
ところで、科学の偉大な発見のほとんどがアインシュタインのように直感による経験から生まれています。
アインシュタインは、自分自身のことを「私は数学的な法則を使う代わりに、主に視覚的なイメージや感情で物事を考えている」つまり彼が考えを言葉や数字で表現するのは、思考による”創造”という大切な作業が終わった後のことだったのです。
本ブログでも「頭がいい人」で触れたように”創造”というステップが天才
(頭がいい人)には必要不可欠の様ですね。創造のステップを大事にしましょう。冷静になって考えてみると当たり前の話ですよね。
勉強して、いろいろ覚えても、うまくそれを利用することを考えなければ、勉強したことは役に立ちませんよね。大事なことは、情報を脳にインプットしてそれをいろいろ組み合わせてアウトプットすることのようです。要するに脳の使いかたをちょっと工夫する習慣を作ればいいようです。これなら出来そうですね。わーい(嬉しい顔)

ソクラテス・メソッド(現代教育の批判)
posted by ハワイ大好き at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人お勧め書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。