2010年04月16日

FAILUREの法則

マイナスの情報をプラスに変換してしまえば、なんでもうまくいくわけですよね。当たり前の話ですが・・・
失敗のサインを知ることができれば、失敗を未然に防ぐことは可能ですよね。そんなことできるのとお思いでしょうが・・
実は、出来るのです。表題のようにFAILUREは「失敗」という意味ですよね。ちなみに、FAILは動詞ですが・・・わーい(嬉しい顔)
この、FAILUREに秘密が隠されています。ちょっと大げさですね。
わーい(嬉しい顔)
この秘密を知れば、ネガティブな感情から解放されます。秘密さえ知ってしまえば、ネガティブの感情を払拭するように目的実行プログラムを組んでしまえば言い訳です。
実は、歴史上の偉人はこの秘密を知ってうまく利用していました。
管理人ももちろん知っています。偉人ではありませんが・・わーい(嬉しい顔)

ところで、FAILUREとは、

F=Furstration(フラストレーション)
A=Aggressiveness(間違った方向へ向けられた攻撃性)
I=Insecurity(不安)
L=Loneliness(孤独)
U=Uncertainty(優柔不断)
R=Resentment(うらみ)
E=Emptiness(虚しさ)


これらの動作が告げる危険信号は「自動失敗メカニズム」なのです。
これらのサインがある時は非常に危険です。
引き込みの法則が作用してしまいます。過去の経験上
打開するために、原因究明が必要です。



続きを読む
posted by ハワイ大好き at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。