2010年04月19日

FAILUREの法則3

F=Furstration(フラストレーション)
A=Aggressiveness(間違った方向へ向けられた攻撃性)
I=Insecurity(不安
L=Loneliness(孤独)
U=Uncertainty(優柔不断)
R=Resentment(うらみ)
E=Emptiness(虚しさ)


Insecurity(不安)について
私たちは、求められているレベルに自分が到達していない気がするときにあるいは未経験の未知のものをこれから体験するときなどに不安になりますね。未経験の未知のものに対してはどの人も不安になることなどでこれについては問題はありません。しかし、求められているレベルに自分が到達していない気がするときに不安になることはちょっと問題がありますね。
不安を抱いている人は、往々にして自分は優れた人間であるべきだ、成功すべきだ、幸せで有能で堂々としているべきだと考えるようです。
「べきだ」と考えるよりそれに向かうものと考えた方がいいですね。
この手の方のパターンも決まっています。不安のことをなぜか口にします。まあそれはいいんですが、どうしたらそれが解決できるかの話はしないのですね。不安のことでお話しがエンドになってしまいます。
これではね・・・バッド(下向き矢印)
不思議です。不安を解決すれば・・・と思いませんかねexclamation&question


続きを読む(不安解決法)
posted by ハワイ大好き at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。