2010年06月05日

自分で焼くたこ焼き


先日と言っても5月の下旬のお話です。
学会で大阪に行きました。そこで、生まれて初めて自分で焼くたこ焼き屋さんに行きました。今までは、焼いて出来ているたこ焼きを買って食べていましたので、たこ焼きは出来ているものを食べるものと思っていました。

お店の名前は「蛸之徹」と言います。名前に蛸(たこ)と入っていますが、たこ焼き屋さんは、ちょっと想像できませんよね。

実は、大阪ヒルトンに宿泊したのですが、大阪はたこ焼きが有名なので、ホテルの方に、おいしい「たこ焼き屋さん」はどこと尋ねたら、間髪をいれずに、「蛸之徹」と言う返答でした。大阪に来た記念なので是非ということだったので、さっそく行ってみました。
ちなみに、ヒルトンの目の前の大阪第一ホテルの地下2階でした。




続きを読む
posted by ハワイ大好き at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

アインシュタインの脳(その2)

以前ブログでアインシュタインの脳を取り出したトーマス・ハーベイのことを書きました。結局、一般の人とアインシュタインの脳に違いを見つけることができなかったというお話だったと思います。
ところが、1980年代のはじめ、マリアン・ダイアモンドという神経解剖学者が驚くべき事実を発表しました。これは、従来の考えを根底から覆す衝撃的なものでした。
ほとんどの人は、天才は「オギャー」と生まれた時から天才であり、後天的に作り出せるものではないと思っています。しかし、この考えは、どうも違うようです。(アインシュタインの生涯を調べると・・ひらめき

何匹かのラットをブランコやはしごなどのいろいろな道具を備えた刺激的な環境におき、それに対して別の何匹かは全く何もないところに閉じ込めました。どうなったと思います。なんと前者は3才も長生きし、さらに驚くことに脳が大きくなったのです。
さらに調べてみると、脳の神経細胞に突起が現れ、その先には軸索突起ができ、神経細胞同士を新たにつなぎ始めていることが解りました。一方、後者は、成長が止まり先のラットより寿命も短く細胞同士の結合も少なかったそうです。

続きを読む
posted by ハワイ大好き at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人お勧め書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

アイコンタクトはweapon

初めて、会う人には、挨拶に加えて「アイコンタクト」が非常に有効です。

私たち日本人は、人と話すときシャイなため相手の目を見て話さないそうです。

心理学的統計でも目をみて会話をしない人は信用されないというデータがでています。患者さんの目をみてお話ししてくださいね。ひらめき

それから統計では、男性は女性からみつめられれば、みつめられるほどその女性のことを好きになる傾向が強い事も分かっています。
女性の方は、これを利用すると意中の彼がゲット出来るかもしれませんよひらめき

話を戻します。
初対面の人とコミュニケーションをスムーズに行うには、挨拶を一緒にアイコンタクトを取ることが非常に大事ですよ。
ちなみに、管理人は、とある会で、留学生の方によくお会いします。その際に、このテクニックは必修ですね。挨拶してアイコンタクトをしてニコッとするだけで、相手も心を開いてくれます。
もともと外人さんはフレンドリーの方が多いからかもしれませんがね・・・わーい(嬉しい顔)
是非お試しあれ・・ひらめき
外人さんはすぐに話しかけてきますので、用心してください。

続きを読む
posted by ハワイ大好き at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーションについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。