2010年02月08日

これからの季節に最適「ラクデント」

前回、ご紹介した「ラクデント」ですが、これを服用すると、免疫力を上げるとご紹介しましたね。本日は、免疫のことについてちょっと・・
我々が風邪やインフルエンザに罹らないのは、免疫のおかげです。
そこで、健康を維持するための免疫について簡単にご説明します。

健康のカギを握る2種類の司令官

 免疫システムの中でも特に注目すべきが、戦闘のエリート集団をまとめあげている司令官のヘルパーT細胞です。ヘルパーT細胞には1号(Th1)と2号(Th2)がいて、それぞれがチームを率いています。1号チームは、キラーT細胞、NK細胞、マクロファージなどを活性化し、抵抗性の強い病原菌やウイルス、ガン細胞などを攻撃。一方、2号チームは、B細胞を活性化して「抗体」というミサイルづくりを誘導。多量の微生物に感染した場合に有効に働きます。

 健康を守るポイントとは、まさにこの2種類の司令官がバランスよく存在し、お互いに協力しながら働いていること! たとえばインフルエンザが大流行しても、まったく何ともない人もいます。しかし、その人たちもウイルスに感染しなかったわけではありません。感染はしたものの、ヘルパーT細胞1号と2号がバランスよく働いていることでウイルスを撃退し、発症しなかったのです。


knowledge02.gif

花粉症や喘息などのアレルギー、胃潰瘍、ガン・・・・・・。多くの病気が、ヘルパーT細胞1号のチカラが低下していたときに起こります。

 この場合、ヘルパーT細胞1号を元気にするインターロイキン12の産生を促して、免疫バランスを回復する必要があります。インターロイキン12とは健康のカギを握る化学物質であり、ヘルパーT細胞1号以外にもNK細胞やキラーT細胞を元気づける“パワーアップアイテム”のようなもの。

 そのインターロイキン12との関係で、いま注目を集めているのが新成分の「HK-LP」なのです!

つまり「ラクデント」のことですよわーい(嬉しい顔)

「ラクデント」を服用するとインターロイキン12が大量に体の中で産生されます。このおかげで免疫力が上るというわけです。

何となくご理解いただけましたか?
お試しください




posted by ハワイ大好き at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人お勧め商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。