2010年02月14日

意識と潜在意識とゴルフの関係?




最近は、セルフのゴルフ場が増えましたね。ぴかぴか(新しい)
料金も以前に比べ、お安くなって利用者には大変ありがたいですね。わーい(嬉しい顔)
以前は、ゴルフをラウンドすれば必ずキャディーさんがいらっしゃいました。

ゴルフをするみなさん、こんな経験ありませんか?

キャディーさんが親切に「あの池には絶対入れないでくださいね!」と教えてくれたのに、不思議とショットすると「池」に吸い込まれる。
こんなこと何回か経験していませんか?

これは、以前このブログでも書いたように、我々の「脳」は
「・・・ない」の「ない」の部分を認識できないという仕組みのために起こってしまうことなのです。

実は、私もこれにずいぶんやられました。もうやだ〜(悲しい顔)
そこで、いろいろ調べたら、ひらめき「脳」が関係しているかということがわかりました。

最近では、メンタルトレーナーという職業の方がこれを、「意識」
潜在意識」という表現で、プロゴルファーから他のプロスポーツ選手
に、教えています。
これの良いところは、これをうまく利用ひらめきすると、すべてがうまく行くようになることです。

ゴルフで意識改革をして素晴らしい人生を楽しみましょう。わーい(嬉しい顔)

大きいのはこちら






以前、「勝負脳の鍛え方」言う本を読んだことがあります。
この本は、脳低温療法で有名な林 成之先生のお書きになった本です。ここに、パットを成功させるコツが書いてありましたので、ご紹介しますね。
答えからいうと、イメージ記憶の応用なんだそうです。
スポーツというと記憶や脳とは関係なさそうですが、全くの誤解です。という書き出しから始まりました。
バッターはなぜ豪速球が打てるのか
マイケルジョーダンの予知能力
外科医もイメージ記憶を鍛えている
お箸の国の人はやはり器用
その中の一つにパットを成功させるコツ
がありました。
答えは、ボールの転がり方をイメージして打つことだそうです。
お試しあれひらめき
ゴルフダイジェスト・オンライン

また、こうすれば頭が良くなるというページもありました。これもイメージをうまく利用したものです。
「心」と「記憶」の連動をうまく利用した方法です。
実は、私これを結構多用しています。ドーパミンA10神経群をうまく活用する方法です。簡単に言うと、記憶することを好きなこととリンクしてしまうことです。言葉とも関係ありますよ。
ブログを読んでいただいた方はもう解りましたね。
「言葉」です。そう「言葉
余計解りずらいでしょうかわーい(嬉しい顔)
本には
@人の話は出来るだけ興味を持って、感動して聞く。
A覚える内容にも興味を持ち、好きになるようにする。
B長時間の学習は出来るだけ避け、時間を限定して集中して覚える
C覚える内容を自分の得意なものと関連づける。
D声に出して覚える
E覚える内容に関して、自分で独自に考え、勉強する。
F覚えたものは、その日のうちに一度、眼を閉じて声に出してみる
このようにするといったん忘れたものをイメージ記憶として引き出しやすくなるそうです。
好きな先生の科目は頑張って勉強しませんでしたかexclamation&question
イメージ記憶これをうまく利用するとあなたもぴかぴか(新しい)
この本面白いですよ。お薦めハートたち(複数ハート)


posted by ハワイ大好き at 10:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私、池、大嫌いです。
意識しないようにわかっていても、どうしても、池に吸い込まれる・・・。
違うことを考えようと思っても、そう考えること自体がダメなんですよね。
意識の切り替えって、難しくて。
なんかよい方法ありますか?
Posted by ゴルフ大好き at 2010年02月15日 14:46
コメントの言葉が、すべて、否定的なワードをお使いの様です。
「大嫌い」 「ダメ」「難しくて」等
質問をまず変えることにトライしたらいいと思います。また、ターゲットを明確にすることも必要です。池以外と考えるのではなく、
ターゲットのみを明確にイメージするとうまくいくと思います。トライしてください。
コメント有難うございました。
また、訪問してくださいね。
Posted by 管理人 at 2010年03月06日 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。