2010年03月03日

花粉症の治療法

実際行われている治療法は?
下のようになります。


飲むと、口が乾燥して頭がボーっとする薬、鼻の中を焼いてしまう方法などなど・・ステロイド等を使用になっている方は、ごめんなさい。
だいぶ私的意見がスライドには反映されています。
ところで・・・
現在一番、有効といわれている治療法は減感作療法です。
いくつか参考になるサイトをあげておきますので御覧下さい。
アレルゲン免疫療法
花粉症患者が利用しやすい舌下減感作療法の研究結果
そこで、これについてまたメカニズムを調べました。
何回も見たあの図をまた見てください。


阻止抗体が身体の中で産生されるようになり、樹上細胞からの伝達物質が減ることによってアレルギー症状が起こらなくする方法です。
簡単に言うと毒を入れて体を慣らす方法ですね。
「蛇つかい」は噛まれているので、噛まれても大丈夫というのと同じ原理でしょうか?

ぴかぴか(新しい)すごくいい療法ですねぴかぴか(新しい)・・・
これは、確かに原因療法なので素晴らしいと思います。

何回もをするのでどうもというので、巷で1回打てば大丈夫というのがありますが、これはしてはいけませんよ。
注射はどうもという方にはこちらがお薦めです。


そこで、花粉症のメカニズムをもう一度考えてください。
原因は、Th1とTh2のバランスが崩れていることから起こるのでしたよね。

次回は、Th1とTh2のバランスについてです。



減感作療法をさらに進化させた期待の療法が
「抗原特異的免疫療法」と呼ばれるものです。
人工的に合成したペプチドを使って免疫反応起こさせるため、ショックの心配もなく、治療の初期から大量に使えるので治療期間の短縮できる利点があります。その人に合ったより効果的なペプチドを合成できるので個人差を最小限にすることが可能になりました。
アレルギーだけでなく関節リウマチなどの自己免疫疾患への応用も考えられ、非常に将来性のある治療法の様です。
ぴかぴか(新しい)期待大ですねぴかぴか(新しい)
posted by ハワイ大好き at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝礼での話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142527174

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。