2010年03月07日

インターロイキンとは?

インターロイキンとは?
聞きなれない言葉ですよね?・・・
実は、花粉症のことを調べていたらたどり着いた「ワード」なんですよ。
簡単に言うと細胞間のコミュニケーションをしている物質です。
細胞もコミュニケーションが重要なんですね。
このサイト「コミュニケーションの秘密」なので・(ちょっと我田引水でしょうかわーい(嬉しい顔)
ところで、インターロイキンにはいろいろな種類があります。
インターロイキン12はその中の一つです。
ぴかぴか(新しい)いい仕事しますね。ぴかぴか(新しい)
「インターロイキン12」非常に重要ですよ。わーい(嬉しい顔)





インターロイキン12とINF-γは、歯槽骨を溶かす歯骨細胞の分化を抑制することは、歯医者さんなら知っていることですが・・・
「ラクデント」はインターロイキン12とINF-γの産生活性が非常に高いので・・歯周病の予防にも使えるということですよね。
「インターロイキン12」いい仕事しますね。わーい(嬉しい顔)
最近では、ほとんどの歯医者さんに「ラクデント」がおかれるようになりました。ちなみに、当院にもありますよ。それはそうですよね自分の花粉症を治すために購入し初めたのですから・・・わーい(嬉しい顔)
当院では、いろいろな用途exclamation&questionで患者さんは、ご使用のようです。わーい(嬉しい顔)
基本的には、歯科医院でしか扱っておりませんが、ネットでも購入できますよ。最近は、ほとんどのブログでお薦めになっているようですが・・・わーい(嬉しい顔)
このブログでもお薦めしています。
ぴかぴか(新しい)お薦めです。ぴかぴか(新しい)ただし薬ではありません。あくまでサプリメントですのでお忘れなく・・・
効能はブログに紹介済みですね。わーい(嬉しい顔)時計
「乳酸菌」のパワー恐るべしパンチ





posted by ハワイ大好き at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝礼での話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142528694

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。