2010年03月09日

花粉症の治療法最終章

本日で取り敢えず、花粉症についてのお話は、終わりですかね。わーい(嬉しい顔)

キーワードは「Th1とTh2」「IgE抗体」「減感作療法」「インターロイキン12」でしたよね。忘れた方は、もう一度復習してください。

そこで、もう一度いつもの図を見てください。
WS000013.JPG


Aの部分にアプローチすれば簡単に花粉症は治ります。
減感作療法がまさにこれでしたよね。(実際は、ちょっと違います)
あと行ったのは、「乳酸菌」を利用してTh1を増やし、Th1とTh2のバランスを正常にしてあげただけです。
「乳酸菌」どうも信用できない方は、次のスライドを御覧下さい。
WS000028.JPG

明らかに、「乳酸菌」を服用することで、「IgE抗体」が減っていますよね。このことは、すごいことです。ぴかぴか(新しい)
もう解りますよね。「減感作療法」と「乳酸菌」の併用療法をしただけです。「減感作療法」はちょっと改良しましたが、これについては、残念ながら言えません。ごめんなさい。ちなみに当院のスタッフには教えましたが・・どうしても知りたい方は、ブログ中にたどり着くワードを
隠しておきましたのでひらめき・・・たどり着けるでしょうexclamation&question
また、減感作療法を応用していますので、治るまで2年ぐらいかかりますよ。でもいろいろな福音がありますのでわーい(嬉しい顔)
減感作療法」と「乳酸菌」の併用療法で花粉症とはおさらばですね
わーい(嬉しい顔)時計
受付さんからリクエストです。どうぞハートたち(複数ハート)


受付さんへプレゼント





花粉症最終章には脈絡のないボンジョビがとお思いに成ったでしょう?
たまたま、受付さんと音楽のお話しに成り、ボンジョビのファンだということをお聞きしたので、・・・
いくつか管理人がお好みなものをUPしましたのでどうぞ
昔のばかりですがわーい(嬉しい顔)


posted by ハワイ大好き at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝礼での話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143177542

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。