2010年03月15日

病気を治すのは薬でなく免疫細胞のお話し

WS000074.JPG

何回にわたり花粉症のお話をしてきましたが、いい仕事をしている「免疫」のことについて簡単にまた、何回かでお話ししますね。皆さんの将来に役立ててください。
皆さん、くしゃみや鼻水や喉が少し痛むと、どうやら風邪かなと思い、売薬を飲んだり、お医者さんに行って、くしゃみ、鼻水を止める薬、のどの痛みを和らげる薬や抗菌剤を処方してもらいますよね。早速、薬を飲みこれでひと安心と思いますよね。よく考えてください。
風邪の原因は・・・・(野口英世のお話し思い出してください)
そうです「ウイルス」ですよね。このウイルスは、200以上の種類があります。しかしながら従来型インフルエンザに有効な「タミフル
リレンザ」等のほかは、「ウイルス」の増殖を妨げる薬は開発されていないのが現状です。皆さん、薬を飲めば治ると思われている方がほとんどですが、確かに結果的にはそのようになりますが・・・
実は、薬は症状を抑えるための物です。実際治しているのは、免疫です。(やはり、免疫のこと知らないとね、患者さんに排膿のこと説明するためには・・・わーい(嬉しい顔)
では、お医者さんが処方してくれる薬は、諸症状が出ることによって体力などが消耗すると免疫の抵抗力も低下するので、諸症状を和らげる薬を使うことで免疫システムが働きしやすくしてくれるものです。
お薬は免疫の援護射撃をするものです。ひらめき



抗菌剤はどうして処方されるかというと・・・
体力が低下することによって、ウイルス以外の細菌感染をしないために処方されます。(結果的には治すことにはなりますが・・)
風邪そのものには、抗菌剤は無用です。でも2次感染しないためにはやはり飲んでいた方がいいですよ。
風邪をひかれた時は、休むことが一番ですね。ハートたち(複数ハート)
WS000077.JPG


次回は、免疫細胞の働きについてのお話しです。
お疲れなので最後に食用のお花でも御覧下さい。
WS000076.JPG



これ、受付さんから頂いた食用のお花です。
シオーナ(潮菜)と一緒に食べました。(花の下のもの)
食べるのが勿体ないですね。
このシオーナは、それ自体に塩味がある野菜です。
(ドレッシングをかけて食べました)
耐塩性に優れた植物であると同時に、根から水分とともに吸収された塩分を含めたミネラル分を透明な水晶体(あのツブツブ)に閉じ込めることによって、育つそうです。 元々南アフリカの植物で、地を這うようにたくさん育ち、あのツブツブが光に当たって輝くことが名前の由来になったそうです。
ハマミズナ科(ツルナ科)メセンブリアンテマ属
  アイスプラント
一度ご賞味してください。
シャキシャキしています。新しい食感?触感?時計手(パー)



posted by ハワイ大好き at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝礼での話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143733922

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。