2010年03月18日

侵入者発見!

粘液のシャワーを掻い潜って皮下組織に侵入してきた異物に侵入者発見と見張り番をしてまず出動するのは、「マクロファージ」くんです。
あの大食細胞のことですよ。
名は体を表すではないですが、マクロは大きい、ファージは食べるという意味です。
マクロファージが防衛を担当する切り込み隊長といったところでしょうか?
マクロファージは敵を十分に観察目し、作戦を当てるというよりは、とにかくなんでも食べてしまいます。自分だけでは処理できないとなると好中球を呼び寄せる物質を出して応援を求めます。(ここの遊走の部分を読むと解りますよ。わーい(嬉しい顔)
(最近、マクロファージと癌細胞の関係について衝撃的な情報を入手しました。お知りになりたいかたは、こちらでどうぞ)
WS000081.JPG








傷の膿みは好中球の死骸

好中球は、顆粒球と呼ばれるグループに属しています。
細胞の中に顆粒状の分泌物が入ったカプセルを持っていて敵を食べては、その分泌物を発射してやっつけます。
マクロファージは無差別に敵を食べてしましますが、好中球の好物は化膿性の炎症を起こす細菌です。
敵を食べておなかがいっぱいになると自分も死んでしまいます。
これが、排膿の正体です。逆にいえば、歯周病の菌がいっぱいいるということですよ。ひらめき
あたりまえの話ですが・・・化膿性の菌なので歯周病は腫れて痛いのですよ。
これで、患者さんに説明は決定ですね。あとの説明は解りますよね・・わーい(嬉しい顔)
いい仕事をする食いしん坊たちですが、これらでも歯が立たない場合があります。
このときもマクロファージが次の部隊(必殺仕事人)に連絡をとります。携帯電話
緊急事態発生、至急助けて頂戴・・・・Help me!
posted by ハワイ大好き at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝礼での話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143967064

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。