2010年03月20日

孤独なスナイパーNK細胞

マクロファージとNK細胞は常にパトロールしている
侵入者が現れたら、真っ先に、マクロファージとNK細胞が現場に現れます。
以前ブログにも書きましたが、健康な人でも1日あたり、5000個の細胞が癌化しているといわれています。それでも癌を発病しないのは、このNK細胞が癌化した細胞を殺していてくれるからです。
癌の予防には、NK細胞の強化が必要ですね。その強化方法は、もうすでに知ってますよね
NK細胞は、常に「自分ではない」存在を監視して殺しています。スナフキンの様な孤独なアサシンですね。
スナイパーの方が解りやすいでしょうか?

WS000092.JPG




風邪のときにのどが痛くなりますよね。これはNK細胞が、ウイルスが侵入した細胞を殺しているから痛くなるのです。痰は、ウイルスの死骸です。
熱が出るのは、マクロファージがインターロイキン1を放出して中枢神経を刺激するからだそうです。
感染初期の症状は、マクロファージとNK細胞の仕業だったのです。ひらめき

スナフキンの様なNK細胞ということでスナフキンついて面白いサイトあります。こちら


posted by ハワイ大好き at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝礼での話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。