2010年03月29日

モジュレータ理論

「意識」「心」「記憶」の続きで、本日は、モジュレータ理論についてです。英語で表記するとmodulatorだと思います。日本語にすると「調節するもの」になりますかね・・
林先生は、ドーパミン系神経の神経伝達物質であるドーパミンが脳で減ることによって起こるパーキンソン病の症状に着目しました。ご存じのように、パーキンソン病の主な症状は、顔に表情がなく強張った状態になり、手や足が無意識にぶるぶると震え歩いていても体が思うように前に進まないといったものです。有名人では、アドルフ・ヒトラー、ボクシングのモハメド・アリ、バック・トゥ・ザ・フューチャーのマイケル・J・フォックスらがこの病に罹ってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)
話を戻します・・・
パーキンソン病は、人間が極度の緊張状態に類似し、別の言い方をすると「心」を失った状態と先生は考えました。そして、先生は、ドーパミン系神経は、意識によってもたらされる刺激や情報によって何かを思ったり感じたりする働きをしていると推論しました。人間の「心」と呼ばれるものは、このときに発生しているものであり、具体的には、脳の中の海馬回をはじめとするドーパミン系神経群が「心」の生まれる場所と考えました。
もうひとつ重要なことは、海馬回は「記憶」を司る場所であるということです。つまり、人間の「意識」「心」「記憶」は、海馬回でつながっていてそれぞれが連動しながら機能していると考えました。ひらめき
これが「モジュレータ理論」です。
モジュレータ理論は、記憶が心と連動しているということなので、
このことは、取りも直さず、人間の知能が心と連動していることになりますね。つまり、勉強ができる人になれるかは、心が大きく関係してくることになりますね。このことに関してはなぜか本ブログの「意識
と潜在意識とゴルフの関係?
」に書いてありますので参照してください。将来のあなたのお子さんに役立ててください。ちなみに現在ご自身に利用しても構いませんがわーい(嬉しい顔)
最大30,000マイル相当分を獲得[4月30日(金)まで]
すでに、本ブログでもご紹介済みの「潜在意識が答えを知っている」ですが・・・
この本は、サイコ・サイバネティックス理論なのです。
林先生も、「勝負脳の鍛え方」の中で、勝負脳を全開させる9つの秘訣のうちの一つとして取り上げています。
簡単に御説明すると、目的実現理論とでもいいましょうか?人間が目的を達成するにはどうすればよいか明快に説いた本です。
なんで、この本に出会ったかというと・・・
実は・・私の亡くなってしまった父が、私の幼少のころに、私の脳に目的実現理論をインプットしたのです。父は面白い人で、勉強しろとは一度も言いませんでした。その代わり、目的実現理論を教えてくれました。サイコ・サイバネティックス理論とはちょっと違いますが、ほとんど同じようなことです。
物事をするときは
@思考しなさい
A行動しなさい
B実現しなさい

この3つです。
もし、実現できないときは、方法が間違っているのだから、もう一度思考しなさい。そして必ず実現しなさい。諦めなければ必ず実現する・・すべてあなた次第だよ
そして、最後に、おまえは大きくなったときにこのことを必ず思い出すよと教えてくれました。思い出すと何だがもうやだ〜(悲しい顔)
予言の様になってしまいました。
話がだいぶ横に・・・戻しましょう。
林先生がモジュレータ機能とイメージ記憶を踏まえたうえでのアレンジしたものを御説明します。
人間が行動を起こし目的を達成するためには、次の3つの作業が必要となります。
@目的と目標を明確にする。
A目標達成の具体的な方法を明らかにして実行する。
B目的を達成するまでその実行を中止しない。

こんな簡単なこと言われなくてもわかっていると思われるかもしれません。しかし私たちは日常こんな簡単なことさえできない生き方をしているのです。
@からBの解説は次回です。時計
最後にパーキンソン病と闘っているマイケル・J・フォックスの元気な映画御覧下さい。




posted by ハワイ大好き at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人お勧め書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。