2010年03月30日

目的達成の3つの作業

本日は、目的達成の3つの作業の説明です。
@目的と目標を明確にする
A目標達成の具体的な方法を明らかにして実行する
B目的を達成するまで、その実行を中止しない

@目的と目標を明確にする
私たちはよく「頑張ります」と言いますが、これでは何も変わりません。
仕事の何を達成しようと頑張るのかはっきりさせなくてはならないのです。とくに、重要なのは、目的と目標を区別することです。そうすることで自分が最終的に望んでいる目的とは何なのか、そこに到達するために必要な目標とは何なのかがより明確になってくるからです。実はこれは患者さんにも必要になります。解りますよね・・・

A目標達成の具体的な方法を明らかにして実行する
次に、自分はここまでは達成しているけどここが不十分なために上達できないと、出来ないことを認め、この問題を解決する具体的な方法を厳しく追求すること、つまり何が自分に欠けていたかあらゆる角度から検討し、批判を受け入れ、それを解決する具体策を立てることが目的達成
の条件になります。

B目的を達成するまで、その実行を中止しない
Aで述べた様な目標や具体策が明らかになっても、多くの場合、それがすぐに達成できることは非常に少ない。
人間は目的や目標が達成できないと、あれは難しいとか、これは無理だとかいろいろな理由をつけて方向転換しようとします。
しかし、自分では賢い選択だと思って方向転換したとしても、そこには計画したことができなかったという現実だけが残ることになります。
そして、一度これを体験して癖になってしなうと、何をやっても目的が達成できない脳になってしまいます。目標達成実現が出来ない人の口癖についてはまたお知らせしますね。
ちなみに、学校で登山しませんでしたかexclamation&questionこれは、目的達成を学習させるためのプログラムなんだそうです。登頂すると何とも言えない達成感を味わいますよね。ひらめき
アルク
サイコサイバネティックス理論の応用例として、ゴルフのパッティングがありますと書いてありました。
パッティングのときはカップインではなくボールの転がり方をイメージ記憶すべきであると本ブログでもご紹介しましたが・・・こちら
まさに、それがこの理論@の応用になるそうです。つまりカップインは最終的な目的で、どのようにボールを転がすかが目標となるのです。とくに、パッティングのように最初から目的の達成をイメージするのが困難な場合は、入るか入らないかでなく、どのように入れるかという目標に気持ちを集中させることが大切なことだそうです。
これを有効利用してください。
ゴルフダイジェスト・オンライン
posted by ハワイ大好き at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人お勧め書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145158857

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。