2010年04月03日

煙草と免疫細胞

WS000108.JPG

発がんの危険因子あるいは生活習慣病をもたらす悪い生活習慣として、ほとんどの人が頭に思い浮かべるのが煙草。自分だけでなく、むしろ周囲の人の健康にあたえる害の方が大きいので(受動喫煙)、喫煙者の肩身は狭くなる一方です。公共の場ではもはや禁煙が常識となっています。
喫煙と免疫力に与える影響を見てみますと、NK細胞の活動を低下させてしまうことが解っています。その原因は、煙草の煙に含まれる炭の粉を吸ってしまったマクロファージだったのです。
真っ黒になってしまったマクロファージはニコチンの影響によって煙草を吸わない人のおよそ4倍にのぼる活性酸素を分泌していることが解っています。また、煙草を吸う人と吸わない人もマクロファージとNK細胞を取り出して癌細胞とともに培養してその変化を比較したところ、たばこをすうひとでは世話ない人の約4分の1の殺傷能力しかないことが明らかになりました。煙草を吸うことによってNK細胞の能力が低下することは、癌発生の危険率が増すことを意味しています。恐ろしいことです。
煙草を販売しなければいいのにねぇ&
歯科においても煙草を吸う方は歯周病になりやすくなってしまいますので、禁煙指導を積極的に行っています。


禁煙推進ビデオです。ひらめき






ちなみに舘さんはチャンピックスというお薬で禁煙しています。
かかりつけのお医者さんに相談して禁煙してください。
保険適用です。
タグ:免疫 NK細胞
posted by ハワイ大好き at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝礼での話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145534775

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。