2010年06月03日

アインシュタインの脳(その2)

以前ブログでアインシュタインの脳を取り出したトーマス・ハーベイのことを書きました。結局、一般の人とアインシュタインの脳に違いを見つけることができなかったというお話だったと思います。
ところが、1980年代のはじめ、マリアン・ダイアモンドという神経解剖学者が驚くべき事実を発表しました。これは、従来の考えを根底から覆す衝撃的なものでした。
ほとんどの人は、天才は「オギャー」と生まれた時から天才であり、後天的に作り出せるものではないと思っています。しかし、この考えは、どうも違うようです。(アインシュタインの生涯を調べると・・ひらめき

何匹かのラットをブランコやはしごなどのいろいろな道具を備えた刺激的な環境におき、それに対して別の何匹かは全く何もないところに閉じ込めました。どうなったと思います。なんと前者は3才も長生きし、さらに驚くことに脳が大きくなったのです。
さらに調べてみると、脳の神経細胞に突起が現れ、その先には軸索突起ができ、神経細胞同士を新たにつなぎ始めていることが解りました。一方、後者は、成長が止まり先のラットより寿命も短く細胞同士の結合も少なかったそうです。

また、脳の力を決定するのは、神経細胞の数でなく、シナプスの数に因るところが大きいといわれています。少なくともラットに関しては、天才のメカニズムは頭を使うことで創られることが証明されました。
そこで、マリアン・ダイアモンドは、この法則は人間にも当てはまると考えたんですね。
そこで、再度、アインシュタインの脳を調べたんですね。そうしたらアインシュタインの左頭頂葉の神経膠細胞の数が多いことが解ったのです。
先のラットの実験で、刺激のある環境にいたスーパーラットに神経膠細胞が多いことから、ダイアモンドは、アインシュタインの脳にも同じようなことが見られると思ったのですが、やはりその様だったのです。
つまり、私たちの脳は、学習すればするほど、細胞同士をつなげる部分が増えていくことが解ったのです。
学習を続ければ、脳は退化しないようです。

生涯お勉強ということでしょうか?
確かに、成功している人は、何にでも意欲的で、新しいものにチャレンジして脳に新しい情報をインプットしていますよね。成功者は脳の性質を熟知しているのでしょうか?

アインシュタインに限らず、すぐれた人たちは、イメージの能力がすごいようです(頭のいい人天才になるコツを参考にしてください)。イメージ能力は、神経膠細胞に関係しているのではないでしょうか?アインシュタインはイメージだけで、E=mc²を考えたのですからひらめき






posted by ハワイ大好き at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人お勧め書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。