2010年06月25日

厄介なバイオフィルム

虫歯・歯周病はバイオフィルム感染症

ウイルス感染や細菌感染などは、病原体が身体からいなくなることによって、症状が治りますよね。(免疫についてを参考にしてください。)
虫歯菌や歯周病菌は、バイオフイルムを形成して、居座ろうとします。
幸い虫歯菌は、好気性といって空気のあるところでしか生きられませんので、適切なブラッシングである程度退治することは可能ですが・・
厄介なのは、歯周病菌です。こいつらは、嫌気性といって、空気のないところで生きていくことが可能なのです。自分ではブラッシング出来ない、歯周ポケットのなかでバイオフィルムを形成してぬくぬくと生きていこうとします。
このように、虫歯菌・歯周病菌がいったんバイオフィルムを形成してしまうと、さらに厄介です。むかっ(怒り)実は、バイオフィルムは薬剤に対して高い抵抗性を示します。つまり、消毒剤が効きません。
何回も言いますが、お口クチュクチュではだめなのです。パンチ
ぴかぴか(新しい)クロルヘキシジンぴかぴか(新しい)は効果がありますが、日本では制限されています。
 制限されていますということは、OKの意味を含んでいることですよね
 これについては、また別紙で・・・)
バイオフィルムを形成してしまうと、慢性的に局所で細菌と宿主との果てしないバトルが展開されます。エンドレスな戦いです。これが何を意味するかお分かりですよね。



「バイオフィルム」という言葉は、最近は、ほとんどの方の知る言葉となりました。医療関係者の間では当たり前でしょうか?
通常の感染症は、感染による炎症が終息すると感染のもとである細菌やウイルスは体からいなくなってしまいますが、虫歯や歯周病の菌がバイオフィルムを形成してしまいますと一生体に住み着いてしまいます。
そこで、バイオフィルムが形成されない方法を考えなくてはいけませんね。
   @適切なブラッシング
   A歯周ポケットのスケーリング・SRP

@は、歯科衛生士さんが適切なブラシング方法を教えてくれますので、セルフケアしてください。ちなみにブラッシングは1日5回です。

Aは、歯科衛生士さんが歯周ポケットの汚れを取ってくれます。保有菌にもよりますが、3カ月に1回取ることをお薦めします。

なんだかんだ言っても、基本はブラッシングですね。・・





posted by ハワイ大好き at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝礼での話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154161512
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。