2010年07月06日

経鼻ワクチン



経鼻ワクチンが有効

現在のインフルエンザワクチンは、皮下に注射して血液中の抗体(IgG)を増やす仕組みで、発症や重症化は防げますが感染は完全には防げません。ふらふら

日本のワクチンは感染を阻止するものでなく重症化を回避するものです。

これに対し開発中の経鼻ワクチンは、鼻やのどをはじめとする全身の粘膜で、従来ワクチンとは違う種類の「IgA」と呼ばれる抗体を分泌させ、感染自体を予防できるのが強みです。

最大の予防は、免疫力を高めておくことですね。



 ただこのワクチンは、原料のウイルスだけでは効き目が不十分で、免疫を増強するアジュバントと呼ばれる物質が必要ですが・・・

ウイルスが体内に侵入する際に免疫応答のシグナルとして働く二本鎖RNA(リボ核酸)を添加することで解決しましたそうです。

 経鼻ワクチンをマウスに投与し、その後ウイルスを感染させたところ、IgA抗体が分泌されるとともにウイルスは検出されず、ワクチンの効果が確認できたそうです。

ちなみに、外国ではこのワクチンが主流だそうです。
注射しなくてもいいし、痛くないのでこれがいいですね。




T-705について

現在、抗インフルエンザ薬として、一般的なタミフルは、ウイルスの増殖を抑えるという性質の薬ですので、発症後48時間以内に服用しないと効果がないと言われていますが、T-705は増殖したウイルス自体を攻撃するので、服用する時間が遅くても効果が期待できるという実験結果が出ています。

2003年、アメリカ国立衛生研究所が行った、世界的な抗ウイルス薬の検証の結果、T-705がH5N1ウイルスに非常に効果的という実験結果がでました。現在、実用化に向け臨床実験中だそうです。

鳥インフルエンザウイルスを使って、実験検証をおこなったところ、T-705は感染したインフルエンザウイルスを見事に死滅させたという事です。期待大ですね。

現在治験段階のこの新薬ですが、新型インフルエンザがパンデミックを起こす前に一日も早く認可され、広まることを期待しています。

posted by ハワイ大好き at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝礼での話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155086233
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。