2011年02月20日

コナコーヒー

コーヒーを好きな方は多いと思いますが・・・
なかでもコナコーヒーのおいしさは格別だと思います。
味ですが、「酸味が程良く抑えられ、とてもマイルドでほんのりコーヒーの甘みを感じ、コクがある」要するにコナコーヒーの味が好きなだけですがわーい(嬉しい顔)
その秘密を探るためにコーヒー農園を見学に行きましたわーい(嬉しい顔)

コーヒー農園はたくさんありますが、日本語での説明があるUCCハワイコナ直営農園に行きました。

P1010288.JPG


農園へのアクセスは簡単ですが、地図にはハイウェー180号線沿いと書かれていますが、ハイウェーとはほど遠く、すごく狭くクネクネした道です。カイルアコナの町から190号線で山の方に向かいます。
180号を右に曲がりしばらく行くと進行方向の右手に緑色の屋根で黄色い壁のかわいらしい小さい家が見えてきます。

WS000058.JPG


ハワイ島への日本からの直行便がなくなったので、以前より来園される方が少なくなったと、農園の方が溢しておりました。
農園の方にコーヒーについていくつか教えてもらいましたひらめき

コーヒーベルトとは?

コーヒーの生産国をあげていくと面白いことが見えてきます。赤道をはさんで南北回帰線25度の間に多くの国が集中しているということです。そこからこの一帯を「コーヒーベルト」と呼んでいます。この一帯は、平均気温25℃前後、水はけの良い火山岩質の土壌、年間500〜3000mmの降水量、適度な日陰と冷気など、良質なコーヒーの栽培に欠かせない気候条件が整った地域です。
WS000057.JPG


コーヒーの栽培において「霜」は禁物で、霜が降りると全て一度に枯れてしまいます。ブラジルにこの「霜」が降りるかどうかでコーヒーの国際市場価格が大きく変動します。だからコーヒーのバイヤー達はブラジルの天候から目が離せないそうです。

コナコーヒーが高いわけ?

以前は、コナコーヒーは希少なので高いと思っていました。なんと「コーヒー豆の産地でアメリカという先進国」だからだそうです。要するに人件費が高いからなんですねひらめき
値段では「ブルーマウンテン」についで2番目に高く、ホワイトハウスの晩餐会では必ず「コナコーヒー」がだされるそうです。ちなみにコナコーヒーは全世界の生産量の0.1%に満たないそうです。

コーヒーチェリーのお味は?

コーヒーの木に実った赤いコーヒーチェリーの中に1つから2つの豆があります。舐めてみるとほんのりと甘くコーヒーから連想される苦いという味とは全く反対のものでした。
ちなみに、ひとつしかない豆は、ピーベリーといい他の豆とはちょっと形が違い丸いので均一に焙煎しやすいので味が良いそうです。また希少価値からお値段がちょっと高めです。試飲しましたが、2個の通常の豆との違いが解りませんでしたexclamation&question

P1010278.JPG


結局、アイランドセレクト エステートを1つ購入してきました。(Webで注文可能だということで・・)

帰国後、飲みましたが凄く美味しいでするんるんグッド(上向き矢印)

UCCハワイコナ直営農園のトイレ?

日本ではウォシュレットは当たり前ですが、ハワイではあまりお目に罹りませんexclamation
ちなみに、ハワイ島では、UCC直営農園とマウナラニホテルにしかウォシュレットはありませんexclamation&question
ここでトイレに入るには鍵を借りないと入れませんよわーい(嬉しい顔)




UCCハワイコナ直営農園関係写真です目



ベイクラブからUCCハワイコナ直営農園までのルート


より大きな地図で ワイコロアからUCCハワイコナ直営農園 を表示


180号が曲者です。ママラホア・ハイウェイとは名ばかりです。凄く細い田舎道ですのでご注意をexclamation×2





posted by ハワイ大好き at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。