2010年06月03日

アインシュタインの脳(その2)

以前ブログでアインシュタインの脳を取り出したトーマス・ハーベイのことを書きました。結局、一般の人とアインシュタインの脳に違いを見つけることができなかったというお話だったと思います。
ところが、1980年代のはじめ、マリアン・ダイアモンドという神経解剖学者が驚くべき事実を発表しました。これは、従来の考えを根底から覆す衝撃的なものでした。
ほとんどの人は、天才は「オギャー」と生まれた時から天才であり、後天的に作り出せるものではないと思っています。しかし、この考えは、どうも違うようです。(アインシュタインの生涯を調べると・・ひらめき

何匹かのラットをブランコやはしごなどのいろいろな道具を備えた刺激的な環境におき、それに対して別の何匹かは全く何もないところに閉じ込めました。どうなったと思います。なんと前者は3才も長生きし、さらに驚くことに脳が大きくなったのです。
さらに調べてみると、脳の神経細胞に突起が現れ、その先には軸索突起ができ、神経細胞同士を新たにつなぎ始めていることが解りました。一方、後者は、成長が止まり先のラットより寿命も短く細胞同士の結合も少なかったそうです。

続きを読む
posted by ハワイ大好き at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人お勧め書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

天才になるコツ

「緊張した時の対処法」で触れましたが、モーツァルトの「二台のピアノのためのソナタ ニ長調 k448」を10分聞くだけで、知能指数はいとも簡単に上がるという興味深い報告があります。簡単に言うと頭が良くなるということです。
ところで、科学の偉大な発見のほとんどがアインシュタインのように直感による経験から生まれています。
アインシュタインは、自分自身のことを「私は数学的な法則を使う代わりに、主に視覚的なイメージや感情で物事を考えている」つまり彼が考えを言葉や数字で表現するのは、思考による”創造”という大切な作業が終わった後のことだったのです。
本ブログでも「頭がいい人」で触れたように”創造”というステップが天才
(頭がいい人)には必要不可欠の様ですね。創造のステップを大事にしましょう。冷静になって考えてみると当たり前の話ですよね。
勉強して、いろいろ覚えても、うまくそれを利用することを考えなければ、勉強したことは役に立ちませんよね。大事なことは、情報を脳にインプットしてそれをいろいろ組み合わせてアウトプットすることのようです。要するに脳の使いかたをちょっと工夫する習慣を作ればいいようです。これなら出来そうですね。わーい(嬉しい顔)

ソクラテス・メソッド(現代教育の批判)
posted by ハワイ大好き at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人お勧め書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

アインシュタインの脳

以前ブログで紹介した「潜在意識が答えを知っている」を発売している「きこ書房」さんから「アインシュタインファクター」という本が1年ほど前に発売されました。お読みになった方もいると思いますがexclamation&question
「きこ書房」はこの手の本が得意分野の様ですよ。わーい(嬉しい顔)
ところで、アインシュタインと言えば、あの有名な公式E=mc²を含む
相対性理論を発表したある意味天才ですよね。
あなたのお子さんをアインシュタインの様なある意味「天才」に育てたいなら「アインシュタイン・ファクター」の一読をお勧めします。
相対性理論の本を読んで理解することは、我々にはちょっとちっ(怒った顔)
なので、簡単に理解できるビデオがありましたので、どうぞわーい(嬉しい顔)


如何でしたかexclamation&question
御理解できましたよね。
最後に落ちが・・・わーい(嬉しい顔)
アインシュタイン・ファクターについて解説というかまた連載します。

続きを読む
posted by ハワイ大好き at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人お勧め書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
script type="text/javascript">
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。